SKブログ

20代を満喫中 SKの個人日記です

クレジットカードを作るために、まずはカードを選ぶ

クレジットカードを作るには、まずはカードを選ぶところから始めます。クレジットカードには、さまざまな特典やサービスがあります。また、年会費の有無や、その金額もカードによって異なります。ご自身の利用目的にあった1枚を見つけてください。

作りたいカードが決まったら、次は申し込みを行います。インターネットや郵送などで、住所や年収などの必要事項を記入して申し込みます。

申し込みが完了したら、次はカード会社が審査を行います。申し込み内容を審査して、クレジットカードを発行するかどうか決定します。

審査が完了したら、その結果が通知されます。審査結果によってはカードが発行されないこともあります。カードが発行される場合は、郵送などの方法でカードが送られます。

カードが手元に届いたら、カードの裏側に自筆で署名をします。署名が無いと、紛失や盗難にあった際に補償が受けられない可能性もあります。カードを受け取ったら速やかに署名するようにしましょう。また、規約などの書類が同封されていることが多いので、こちらも確認しておきましょう。

クレジットカードによっては、利用明細などをオンラインで照会するようになっているものもあります。その場合は、オンラインの照会システムに利用登録を行います。

以上がクレジットカードを作る一般的な流れです。

必要になるモノ

クレジットカードを作るためには、必要になるモノもあります。まずは申し込み時に必要になるモノです。

運転免許証をお持ちの場合は、手元に免許証を準備しておきます。免許証の番号などが必要になることがあります。また、申し込み時には勤め先の情報をたずねられます。会社の連絡先などが分かるものを用意しておきましょう。勤務先の情報と合わせて、年収についても質問があります。源泉徴収票や確定申告書の控えなどで、前年度の年収を把握しておくようにしてください。

また、クレジットカードによっては、申し込み時に利用料金を引き落とす銀行口座を同時に申請するものもあります。どの銀行口座から引き落としてもらうか、予め決めておいてください。口座番号などが分かるように、通帳やキャッシュカードなどを手元に用意しておくと良いでしょう。郵送や店頭などでの申し込みであれば、届け出印も必要になることがあるので、準備しておくと良いでしょう。

審査に合格してクレジットカードが発行されると、郵送などの方法で手元に届くことになります。このとき、確実にカードを本人に届けるために、本人限定受取などの方法で届けられることがあります。この場合には、自宅で本人が受け取る場合であっても、免許証などの身分を証明するものが必要になります。

参考サイト:クレジットカードを作る方法・手順|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]

申し込み方法ごとに3つに分けられます

クレジットカードの作り方は、申し込み方法ごとに3つに分けられます。
1つはインターネットを利用した方法、もう1つは郵送による申し込み、そして店頭での申し込みです。それぞれの申し込み方法について説明します。

最初はインターネットを使った申し込み方法です。普段からインターネットを利用している方であれば、この方法で手軽にクレジットカードが作れます。パソコンから必要事項を入力していくだけで、簡単に申し込みを完了することができます。審査結果もウェブサイトやメールで通知され、早いものでは数分で審査結果が分かるカードもあります。最近ではスマートフォンからの申し込みに対応しているクレジットカードもあるので、より手軽に申し込むことが可能です。

次は郵送による申し込みです。申し込み用紙に必要事項を記入して、ポストに投函します。申し込み書類を取り寄せる手間や、郵送に時間がかかるため、早くカードを作りたい方にはあまりおすすめできない申し込み方法です。

最後は店頭での申し込みです。店頭での申し込みは、郵送と同じように申し込み用紙に記入したり、端末に入力するかたちで行います。郵送と同じように、発行までに時間がかかる店舗もあれば、一部の店舗に限られますが、即日発行に対応している店舗もあります。

信用情報に気を付ける

クレジットカードを作るときに気を付けることは、どのカードを作るか事前にしっかり比較検討することと、信用情報に気を付けることです。

クレジットカードにはさまざまな種類があり、特典やサービスもカードごとに異なります。クレジットカードを持てる枚数は、上限が決められている訳ではありません。ただ、あまり多くなり過ぎると使い分けるのが難しくなりますし、枚数が増えれば財布やカード入れもかさ張ります。メインに使うカードとサブに使うカードを厳選して、数枚程度に絞り込んでおくと、ポイントなども分散しすぎないので管理しやすくなります。また、あまりカードの枚数が増えると、利用可能枠の合計が収入に対して大きくなっていくので、新しいカードを作る際に審査が通りにくくなる要因にもなるようです。

まとめ

他にも、クレジットカードを作る際には、信用情報に気を付けるようにしてください。クレジットカードの申し込み状況や利用状況は、信用機関を通じて各クレジットカード会社が参照できるようになっています。信用機関の情報は、家や車を買うときのローンの審査にも使われます。クレジットカードの支払いを滞らせるようなことがあると、将来住宅ローンの審査が通らないなどの弊害が起きることもあります。

広告を非表示にする